「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

アロマオイルマッサージ

アロママッサージオイルの作り方

お休み前の優雅なひととき。アロママッサージオイルを作ってみませんか?
エッセンシャルオイル(精油)の有効成分を効率的に吸収させることが出来るアロママッサージは、こころとからだのリラックスやリフレッシュにはもちろん、お肌に対してもとても効果的です。

このページでは、マッサージオイルの作り方について解説いたします。
部位別のマッサージの方法などは、「簡単! アロママッサージ」の各ページをご覧下さい。

マッサージオイルの作り方

準備するもの

30mlのマッサージオイルをつくる場合

・キャリアオイル 30ml
・エッセンシャルオイル(精油) 6滴
・遮光ビン (ドロップポンプ容器など)

※上記の量で精油の濃度が1%のマッサージオイルをつくることができます。
 (安全なマッサージを行う上では、精油の濃度は1%程度が適当です)
※精油を数種類ブレンドする場合は、合計が上記の量(6滴)になるようにします。
※50mlのマッサージオイルをつくる場合は、精油の量を10滴にします。

キャリアオイルの量 10ml 20ml 30ml 40ml 50ml
必要な精油の量 2滴 4滴 6滴 8滴 10滴  (※希釈濃度1%の場合)

海外では2~3%に希釈することも多いですが、(社)日本アロマ環境協会では1%を推奨しています。安全にアロママッサージを行うため、精油の濃度は1%程度を目安としてください。
手作りマッサージオイルの作り方

1.遮光ビンにキャリアオイルを入れます。
2.エッセンシャルオイル(精油)を加え、竹串などでよくかき混ぜます。

スタッフのひとこと
材料さえそろえば、作るのは簡単ですね。
遮光瓶は使用する前に5分くらい弱火でコトコト煮沸消毒すると良いです。沸騰したお湯にいきなりガラスを入れないように注意してくださいね。
使うときは、軽く振ってから使用しましょう。保存料などは入っていませんので、1ヶ月くらいで使いきりましょう。

肌タイプ別おすすめエッセンシャルオイル(精油)

普通肌に
ラベンダー、ゼラニウム、カモミールローマン、ローズ、ネロリ

敏感肌に
カモミールローマン、ラベンダー、ローズ、ネロリ

脂性肌に
ベルガモットFCF、ジュニパー、ティートリー、ローズマリー、ゼラニウム

乾燥肌に
カモミールローマン、ローズ、ネロリ、ローズウッド、ラベンダー、ゼラニウム

老化肌に
フランキンセンス、サンダルウッド、ローズ、ネロリ、ラベンダー、ゼラニウム

注意すべきエッセンシャルオイル(精油)

光毒性のある精油 (→使用後3~4時間は強い日光や日焼けマシンを控える)
ベルガモット、レモン、グレープフルーツ

※就寝前のマッサージをおすすめします。
※ベルガモットを使うときは、光毒性成分を除去したベルガモットFCFをおすすめします。

皮膚刺激の強い精油 (→マッサージでの使用はなるべく控えた方が良い)
バーベナ、シナモン

皮膚刺激が少しある精油 (→0.5%程度の低濃度が好ましい。特に敏感肌の方)
シトロネラ、ジンジャー、ブラックペッパー、ペパーミント、レモン、レモングラス、リツェアクベバ

パッチテストの方法

敏感肌の人やアレルギー体質の人は、精油の成分が体質に合わない場合もありますので、事前にパッチテストにより安全を確認することをおすすめします。

パッチテストの方法は簡単です。
精油をキャリアオイルで1%以下に希釈し、それを1滴だけ腕の内側のやわらかい部分に塗り、数時間ほど放置します。

何も異常がなければ大丈夫です。もし、皮膚にかゆみや炎症などが出た場合は、その精油を使ったマッサージはひかえて下さい。異常がみられた場合は、水でテストした部分を洗い流して下さい。

手作りコスメ INDEX

[PR]
# by lovegarden9988 | 2016-01-12 12:18

アロママッサージ

アロママッサージオイルの作り方

お休み前の優雅なひととき。アロママッサージオイルを作ってみませんか?
エッセンシャルオイル(精油)の有効成分を効率的に吸収させることが出来るアロママッサージは、こころとからだのリラックスやリフレッシュにはもちろん、お肌に対してもとても効果的です。

このページでは、マッサージオイルの作り方について解説いたします。
部位別のマッサージの方法などは、「簡単! アロママッサージ」の各ページをご覧下さい。

マッサージオイルの作り方

準備するもの

30mlのマッサージオイルをつくる場合

・キャリアオイル 30ml
・エッセンシャルオイル(精油) 6滴
・遮光ビン (ドロップポンプ容器など)

※上記の量で精油の濃度が1%のマッサージオイルをつくることができます。
 (安全なマッサージを行う上では、精油の濃度は1%程度が適当です)
※精油を数種類ブレンドする場合は、合計が上記の量(6滴)になるようにします。
※50mlのマッサージオイルをつくる場合は、精油の量を10滴にします。

キャリアオイルの量 10ml 20ml 30ml 40ml 50ml
必要な精油の量 2滴 4滴 6滴 8滴 10滴  (※希釈濃度1%の場合)

海外では2~3%に希釈することも多いですが、(社)日本アロマ環境協会では1%を推奨しています。安全にアロママッサージを行うため、精油の濃度は1%程度を目安としてください。
手作りマッサージオイルの作り方

1.遮光ビンにキャリアオイルを入れます。
2.エッセンシャルオイル(精油)を加え、竹串などでよくかき混ぜます。

スタッフのひとこと
材料さえそろえば、作るのは簡単ですね。
遮光瓶は使用する前に5分くらい弱火でコトコト煮沸消毒すると良いです。沸騰したお湯にいきなりガラスを入れないように注意してくださいね。
使うときは、軽く振ってから使用しましょう。保存料などは入っていませんので、1ヶ月くらいで使いきりましょう。

肌タイプ別おすすめエッセンシャルオイル(精油)

普通肌に
ラベンダー、ゼラニウム、カモミールローマン、ローズ、ネロリ

敏感肌に
カモミールローマン、ラベンダー、ローズ、ネロリ

脂性肌に
ベルガモットFCF、ジュニパー、ティートリー、ローズマリー、ゼラニウム

乾燥肌に
カモミールローマン、ローズ、ネロリ、ローズウッド、ラベンダー、ゼラニウム

老化肌に
フランキンセンス、サンダルウッド、ローズ、ネロリ、ラベンダー、ゼラニウム

注意すべきエッセンシャルオイル(精油)

光毒性のある精油 (→使用後3~4時間は強い日光や日焼けマシンを控える)
ベルガモット、レモン、グレープフルーツ

※就寝前のマッサージをおすすめします。
※ベルガモットを使うときは、光毒性成分を除去したベルガモットFCFをおすすめします。

皮膚刺激の強い精油 (→マッサージでの使用はなるべく控えた方が良い)
バーベナ、シナモン

皮膚刺激が少しある精油 (→0.5%程度の低濃度が好ましい。特に敏感肌の方)
シトロネラ、ジンジャー、ブラックペッパー、ペパーミント、レモン、レモングラス、リツェアクベバ

パッチテストの方法

敏感肌の人やアレルギー体質の人は、精油の成分が体質に合わない場合もありますので、事前にパッチテストにより安全を確認することをおすすめします。

パッチテストの方法は簡単です。
精油をキャリアオイルで1%以下に希釈し、それを1滴だけ腕の内側のやわらかい部分に塗り、数時間ほど放置します。

何も異常がなければ大丈夫です。もし、皮膚にかゆみや炎症などが出た場合は、その精油を使ったマッサージはひかえて下さい。異常がみられた場合は、水でテストした部分を洗い流して下さい。

手作りコスメ INDEX
[PR]
# by lovegarden9988 | 2016-01-12 12:17

アロママッサージ


アロママッサージ

アロマオイルの香りと成分を利用したアロママッサージは、アロマテラピーの1つの醍醐味ともいえます。 心地よい香りと、マッサージのソフトな感触は、1日の疲れを忘れさせてくれます。 高いサロンに行かなくても、アロママッサージは自宅で簡単に行なうことが出来ます。
はじめるとクセになるアロママッサージで、夜のひとときを楽しくしてみませんか?

アロママッサージをはじめる前に

1.アロマオイル(精油)は原液のまま使用しない

アロマオイル(精油)の原液を直接お肌につけることは出来ません。 ホホバオイルなどのキャリアオイル(植物油)で、必ず1%以下に希釈します。

2.敏感肌の人はパッチテストを

お肌の敏感な方は、事前にパッチテストを行なうことをおすすめします。 二の腕の内側など敏感な部分に希釈したアロマオイルを少し塗って、数時間から1日様子を見ます。 赤みや腫れが出なければ大丈夫です。

3.妊娠期の方や乳幼児は控える

アロママッサージでは、アロマオイル(精油)の有効成分が直接かつ広範囲から体内に取り込まれます。
アロマオイル(精油)の種類によっては健康に影響を与える場合もありますので、妊婦の方や3歳未満の乳幼児には、アロマオイル(精油)を使ったマッサージは行なわないようにして下さい。
(医師の指導のもとで適切に行なわれる場合は問題ありません)

4.アロママッサージの効果を高めるために

アロママッサージは、お風呂上りがもっとも効果的です。 体が清潔で、血行も良く、気分的にもリラックスしているからです。 部屋は暑すぎず、寒すぎずの状態にしておきましょう。 リラックスできる音楽を流したりすると、さらに効果的です。
マッサージの後は洗い流さず、一晩じっくり浸透させます。 ベタつきが気になるときは、タオルで軽くふき取って下さい。

アロママッサージ


[PR]
# by lovegarden9988 | 2016-01-10 18:50

アロマエステ

リンパマッサージを行う上でもっとも大切な基本は、次の3つです。

    1.手順  2.方向   3.圧
 

 
■ 手順
リンパの最終出口である鎖骨から始めてください。
最終出口をスッキリさせておいてから、徐々に遠くのリンパ節まで順番に行ってください。
     
例: 鎖骨 →顔 →脇 →腕 →そけい部 →脚

【解説】
リンパの最終出口は、鎖骨の下のリンパ節です。
体じゅうのほとんどのリンパ(右腕以外)は、左鎖骨の下で静脈に合流し、排泄されるといわれています。
体じゅうのリンパが集まるということは、とても詰まりやすいということです。

リンパマッサージを行う際には、最初にこの鎖骨の下にあるリンパ節をほぐすようにして流しておきます。
これは、「鎖骨のリンパ節を空ける」という表現をします。 
顔へのマッサージ、足へのマッサージ、お腹へのマッサージ、どの部位を行う時にも最初に鎖骨を空けてください。 
リンパの通り道を順番にキレイにしていくイメージで行ってください。
 

■ 方向
全身にある各リンパ節に向かって、リンパを流してください。
     リンパマッサージを行う方向の目安(イラスト)

【解説】
リンパ管は最終的には鎖骨のリンパ節で静脈に合流します。でも、そこにたどり着くまでには様々なリンパ節を経由します。 たとえば、ふくらはぎ当たりであれば膝の裏のリンパ節、次にソケイ部など。
体の各部にある主要なリンパ節に向かってリンパを流してください。 


■ 圧
皮膚のみに圧や刺激が伝わるくらいの「やさしい圧力」をかけてください。
   
【解説】
リンパ管は皮膚の表面に分布しています。皮膚の表面への圧力で十分です。
よく、グイグイと押すようなマッサージで「リンパマッサージ」と言っていることもありますが、それは皮膚表面に行うリンパマッサージとは異なります。 温泉に入ったとき、自然と手で肩から腕をなでたりする動作をすることがありますが、そんな感じの「ソフトな」圧力が最適と言われています。 
※最適な圧を簡単にかけるにはジェルやオイルを使うと便利です。


リンパ節の場所

リンパマッサージは、リンパの流れに沿って行うものですが、体中に網の目のように張り巡らされているリンパをすべて把握するのはなかなか難しいものです。

リンパマッサージで大切なのは、「どこに向かってリンパを流すのか」ということ。

その目印になるのが、リンパ節です。

全身には約800個のリンパ節があると言われていますが、そのうち、特に重要なリンパ節はそれほど多くありません。

ぜひ、重要なリンパ節が何処にあるのかくらいは覚えておいてください。

■主なリンパ節は
 鎖骨(鎖骨リンパ節)
 脇の下(腋かリンパ節)
 アゴの下(顎下リンパ節)
 腹部(腹部リンパ節)
 脚の付け根(そけいリンパ節)
 ひざ裏(膝かリンパ節)
 耳の前(耳下腺リンパ節)
 肘(肘リンパ節)

[PR]
# by lovegarden9988 | 2016-01-10 18:44

リンパマッサージ

アロマ
リンパマッサージを行う上でもっとも大切な基本は、次の3つです。

    1.手順  2.方向   3.圧
 

 
■ 手順
リンパの最終出口である鎖骨から始めてください。
最終出口をスッキリさせておいてから、徐々に遠くのリンパ節まで順番に行ってください。
     
例: 鎖骨 →顔 →脇 →腕 →そけい部 →脚

【解説】
リンパの最終出口は、鎖骨の下のリンパ節です。
体じゅうのほとんどのリンパ(右腕以外)は、左鎖骨の下で静脈に合流し、排泄されるといわれています。
体じゅうのリンパが集まるということは、とても詰まりやすいということです。

リンパマッサージを行う際には、最初にこの鎖骨の下にあるリンパ節をほぐすようにして流しておきます。
これは、「鎖骨のリンパ節を空ける」という表現をします。 
顔へのマッサージ、足へのマッサージ、お腹へのマッサージ、どの部位を行う時にも最初に鎖骨を空けてください。 
リンパの通り道を順番にキレイにしていくイメージで行ってください。
 

■ 方向
全身にある各リンパ節に向かって、リンパを流してください。

【解説】
リンパ管は最終的には鎖骨のリンパ節で静脈に合流します。でも、そこにたどり着くまでには様々なリンパ節を経由します。 たとえば、ふくらはぎ当たりであれば膝の裏のリンパ節、次にソケイ部など。
体の各部にある主要なリンパ節に向かってリンパを流してください。 


■ 圧
皮膚のみに圧や刺激が伝わるくらいの「やさしい圧力」をかけてください。
   
【解説】
リンパ管は皮膚の表面に分布しています。皮膚の表面への圧力で十分です。
よく、グイグイと押すようなマッサージで「リンパマッサージ」と言っていることもありますが、それは皮膚表面に行うリンパマッサージとは異なります。 温泉に入ったとき、自然と手で肩から腕をなでたりする動作をすることがありますが、そんな感じの「ソフトな」圧力が最適と言われています。 
※最適な圧を簡単にかけるにはジェルやオイルを使うと便利です。


リンパ節の場所

リンパマッサージは、リンパの流れに沿って行うものですが、体中に網の目のように張り巡らされているリンパをすべて把握するのはなかなか難しいものです。

リンパマッサージで大切なのは、「どこに向かってリンパを流すのか」ということ。

その目印になるのが、リンパ節です。

全身には約800個のリンパ節があると言われていますが、そのうち、特に重要なリンパ節はそれほど多くありません。

ぜひ、重要なリンパ節が何処にあるのかくらいは覚えておいてください。

■主なリンパ節は
 鎖骨(鎖骨リンパ節)
 脇の下(腋かリンパ節)
 アゴの下(顎下リンパ節)
 腹部(腹部リンパ節)
 脚の付け根(そけいリンパ節)
 ひざ裏(膝かリンパ節)
 耳の前(耳下腺リンパ節)
 肘(肘リンパ節)

[PR]
# by lovegarden9988 | 2016-01-10 18:40

アロママッサージ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31